モンシャルーテ アプリーナ オーガニック ヘアオイルの使い方についての投稿まとめ

モンシャルーテ アプリーナ オーガニック ヘアオイルの使い方についての投稿まとめ

保湿に優れたアルガンオイルとアプリコットオイルをダブルで配合した、よりしっとりするヘアオイル。ハイダメージで毛髪の痛み(枝毛や切れ毛等)が気になる方に。奥深いツヤとなめらかな手触りを与える洗い流さないトリートメントです。


口コミ

ベタつかず艶の出る素晴らしいヘアオイル!
髪の量が多く、硬くて縮毛矯正をしているロングヘアですが、髪の毛に艶が欲しくてアウトバストリートメントジプシー状態の私(^_^;)

今までヘアミルクタイプを使い続けていたのですが、あるサイトでおすすめヘアオイルの1つとしてこちらのオイルが紹介されており、値段も手頃だったのでamazonのレビューを確認してから挑戦してみました。

最初、同じメーカーのブラウンのボトルの方の「アルガニーナヘアオイル」との違いが良く分からず迷ったのですが、ググってみて、「アプリーナヘアオイル」の方がハイダメージ向けとの説明があったので、縮毛矯正をしていることもあり、今回こちらを選びました。

早速届いて手に取ってみると、オイルは琥珀色ではなくて透明でした。
両手で擦り合わせてから、乾いた髪の頭頂部辺りに薄く伸ばすように撫で付けてみると、凄い!ベタつくことなくスベスベの手触りになりました∑(OωO; )

その後、早速いつものリバースケア(コンディショナーやトリートメントを先に塗布→シャンプー→最後に軽くコンディショナー)の後に、タオルドライをしてから1プッシュ出して毛先を中心に撫で付け、更に1プッシュずつ出しては手で擦り合わせて伸ばすというのを2回繰り返しました。

そしてドライヤーで温風、冷風と切り替えて髪の毛を乾かしてから、メイソンピアソンのブラシで梳かしてみるとビックリ∑(OωO; )!!
なんとサラ艶髪になってるではないですか!!

香りはほんのりローズですが、でもクドさはなくてドライヤーをすると殆ど残らない感じなので、手持ちのシャンプーの香りとケンカする事もなく、きつい匂いが苦手な私にはその点も好印象です。

今まで、アウトバストリートメントとして、ミルボンエルジューダエマルジョンプラスや、パンテーンのインテンシブヴィタミルク、ルメントリペアミルクと試して来たのですが、これまで自分が思うような手触りや艶が得られずにいました。

それが、プチプラと言われるお手頃なヘアオイルの1回の使用でベタつくこともなく毛先までサラリとまとまってしまうなんて…。

今まで、ヘアオイルはベタつくのではないかと敬遠していたのですが、こんなに良いものだったなんて!

髪に艶が出て手触りが良くなったお陰で、バナナクリップがズレて来てしまうという嬉しい誤算もありました(^◇^;)
グルーガンで滑り止め加工したので、クリップも問題なし!良いヘアオイルに巡り会えて本当に感激です!ありがとうございます (≧∀≦*)

ー追記 (18.6.8)ー
アウトバス (洗い流さない)トリートメントには、ミストやミルク、オイルと種類がありますが、それぞれ髪質に対する向き不向きや仕上がりの好みなどによって用途が違うのですね。

自分で調べてみて、オイルタイプは髪をコーティングしてツヤを出すのに優れていて、ストレートヘア向きという事を初めて知りました。

オイルタイプの使い方も、シャンプーの前に補修のために塗って少し放置してみたり、ドライヤー前に毛先に塗ってコーティングしたり、ドライヤー後の仕上げのツヤ出しに軽く表面に広げたりと使い方にもコツがあるんですね。

また「シリコン」にもメリットがある事、よく知りもしないて毛嫌いするのはやめようと思いました。
2018/6/1
ベタつかず艶の出る素晴らしいヘアオイル!
髪の量が多く、硬くて縮毛矯正をしているロングヘアですが、髪の毛に艶が欲しくてアウトバストリートメントジプシー状態の私(^_^;)

今までヘアミルクタイプを使い続けていたのですが、あるサイトでおすすめヘアオイルの1つとしてこちらのオイルが紹介されており、値段も手頃だったのでamazonのレビューを確認してから挑戦してみました。

最初、同じメーカーのブラウンのボトルの方の「アルガニーナヘアオイル」との違いが良く分からず迷ったのですが、ググってみて、「アプリーナヘアオイル」の方がハイダメージ向けとの説明があったので、縮毛矯正をしていることもあり、今回こちらを選びました。

早速届いて手に取ってみると、オイルは琥珀色ではなくて透明でした。
両手で擦り合わせてから、乾いた髪の頭頂部辺りに薄く伸ばすように撫で付けてみると、凄い!ベタつくことなくスベスベの手触りになりました∑(OωO; )

その後、早速いつものリバースケア(コンディショナーやトリートメントを先に塗布→シャンプー→最後に軽くコンディショナー)の後に、タオルドライをしてから1プッシュ出して毛先を中心に撫で付け、更に1プッシュずつ出しては手で擦り合わせて伸ばすというのを2回繰り返しました。

そしてドライヤーで温風、冷風と切り替えて髪の毛を乾かしてから、メイソンピアソンのブラシで梳かしてみるとビックリ∑(OωO; )!!
なんとサラ艶髪になってるではないですか!!

香りはほんのりローズですが、でもクドさはなくてドライヤーをすると殆ど残らない感じなので、手持ちのシャンプーの香りとケンカする事もなく、きつい匂いが苦手な私にはその点も好印象です。

今まで、アウトバストリートメントとして、ミルボンエルジューダエマルジョンプラスや、パンテーンのインテンシブヴィタミルク、ルメントリペアミルクと試して来たのですが、これまで自分が思うような手触りや艶が得られずにいました。

それが、プチプラと言われるお手頃なヘアオイルの1回の使用でベタつくこともなく毛先までサラリとまとまってしまうなんて…。

今まで、ヘアオイルはベタつくのではないかと敬遠していたのですが、こんなに良いものだったなんて!

髪に艶が出て手触りが良くなったお陰で、バナナクリップがズレて来てしまうという嬉しい誤算もありました(^◇^;)
グルーガンで滑り止め加工したので、クリップも問題なし!良いヘアオイルに巡り会えて本当に感激です!ありがとうございます (≧∀≦*)

ー追記 (18.6.8)ー
アウトバス (洗い流さない)トリートメントには、ミストやミルク、オイルと種類がありますが、それぞれ髪質に対する向き不向きや仕上がりの好みなどによって用途が違うのですね。

自分で調べてみて、オイルタイプは髪をコーティングしてツヤを出すのに優れていて、ストレートヘア向きという事を初めて知りました。

オイルタイプの使い方も、シャンプーの前に補修のために塗って少し放置してみたり、ドライヤー前に毛先に塗ってコーティングしたり、ドライヤー後の仕上げのツヤ出しに軽く表面に広げたりと使い方にもコツがあるんですね。

また「シリコン」にもメリットがある事、よく知りもしないて毛嫌いするのはやめようと思いました。
2018/6/1
関連する商品
Good発言ランキング
投稿数ランキング
リンク