瓊玉膏のニキビについての投稿まとめ

瓊玉膏のニキビについての投稿まとめ

洗顔石鹸


Instagram

13


★ダイエットがうまくいかないのは 腸内細菌が原因かもしれない。
最近の研究で、肥満体質の人は普通の人より
腸内細菌の種類が少ない傾向にある事が
わかったとの事。


★腸を見れば、その人の生き方がわかる。
20を過ぎると免疫を司るっている胸腺の働きが落ちてきます。その代わりをしてくれるのが腸です。
だから腸は「第二の脳」と呼ばれています。
何を治すのにも、まず腸をきれいにしてから
色んなものを飲みましょう。

しかも!!
脳梗塞、脳血栓、脳血管性痴呆症など...
脳の病気は腸の掃除が決めて!!


様々なお悩みがあると思います。
当店では、お客様の症状を
お伺いし、その方に適した
商品を提供させて頂きます。
癌、アトピー、ダイエット、子宝など
ご相談を承っておりますので
お気軽にご連絡下さい。

その他にも色んな情報など
HPのブログで更新しております♪

#漢方#漢方薬局#シェルクルール#CherCouleur#美容#化粧品#紫外線ケア#紫外線対策#おすすめコスメ#アトピー#アトピー性皮膚炎#がん#子宝#不妊症#乾燥肌#敏感肌##ニキビ荒れ#ホルモンバランス#美肌#美容液#セラミド美容液#リスブラン#ダイエット#肩こり#夢三七#瓊玉膏#ポテト双葉薬店
9


●ユースキン
プローラFHハンドクリーム60g
無香料・無着色


乾燥肌・敏感肌の方に!
4つの保湿成分がうるおいに満ちたお肌へ導きます。(しその葉・スイートマジョラム・高麗人参・ワイルドタイム配合)
低刺激性部分保湿クリーム!


《使用法》
手・指先・かかと・ひじ・ひざなど
カサカサが気になる部分に適量を
伸ばして下さい。

手のあれや、かかとのカサカサなど
皮膚の中に浸透させるようなイメージで
塗り込んで頂くと、効果があります。
※効果は個人差があります。

#漢方#漢方薬局#シェルクルール#CherCouleur#美容#化粧品#紫外線ケア#紫外線対策#おすすめコスメ#アトピー#アトピー性皮膚炎#がん#子宝#不妊症#乾燥肌#敏感肌#ニキビ荒れ#ホルモンバランス#美肌#セラミド美容液#リスブラン#ダイエット#肩こり#夢三七#瓊玉膏#ポテト双葉薬店
6


瓊玉膏(けいぎょくこう)

瓊玉膏は、脾胃(消化器)、肝臓、腎臓を強くして
体の根本を立て直す漢方薬です。 *
●瓊玉膏の成分
人参、ブクリョウ、クコシ、沈香、ハチミツ
・陰気を補い回復力を増す・皮膚を潤し皮膚病を治す
肝臓・腎臓を丈夫にし血液を増やす。 *
●瓊玉膏は老化を改善する漢方です。
瓊玉膏はこんな方におススメです!
・耳鳴り、冷え症、疲労、口渇、髪のパサつき、肌のカサカサ、便秘、寝付きが悪い、浮腫み、食欲不振、肉体疲労、病後の体力低下、血色不良、胃腸虚弱、虚弱体質など... *

もちろん、瓊玉膏は美肌効果にも良いので
美意識が高い方にもオススメです!
お肌は内臓の鏡とも言われてます!

ご興味のある方は、HPをご覧下さい。

#漢方#漢方薬局#シェルクルール#CherCouleur#美容#化粧品#紫外線ケア#紫外線対策#おすすめコスメ#アトピー#アトピー性皮膚炎#がん#子宝#不妊症#乾燥肌#敏感肌##ニキビ荒れ#ホルモンバランス#美肌#美容液#セラミド美容液#リスブラン#ダイエット#肩こり#夢三七#瓊玉膏#ポテト双葉薬店
6


一等級品・夢三七(ゆめさんしち)


●血液浄化力がスゴイ!一等級品三七人参
こんな方にオススメです!
⚪︎肩・首のこり、膝の痛み、腰の痛み、手足の痺れ、よく眠れない、動機・息切れがする、ストレスが多い、手足が冷たい、浮腫みがあるなど...

●首から肩にかけて凝り・痛みがある方が
三七人参を服用すると、血液をグググっと押し流し、首や肩の筋肉へ酸素を届け、筋肉の硬直を解きほぐします。 *

●三七にんじんは『薬用人参の王様』と呼ばれ、
古書には『一切の血病を治す』とあります。
肝臓を元気にして、血の巡りを良くする事でさまざまな疾患に対してよい効果がみられます。
この機会にぜひお試しを!!
ご購入の際はHPにてお願い致します。

#漢方#漢方薬局#シェルクルール#CherCouleur#美容#化粧品#紫外線ケア#紫外線対策#おすすめコスメ#アトピー#アトピー性皮膚炎#がん#子宝#不妊症#乾燥肌#敏感肌##ニキビ荒れ#ホルモンバランス#美肌#美容液#セラミド美容液#リスブラン#ダイエット#肩こり#夢三七#瓊玉膏#ポテト双葉薬店
4
●通竅(つうきょう)


花粉の季節になる前に・・・
もうすぐ花粉の季節がやってきます。
そもそも花粉自体は無毒な物なのですが
「粘膜」の弱い人や過敏な人は花粉が
粘膜にくっつくと、過敏に反応して
様々な症状が出ます。
鼻の粘膜が刺激されると「鼻炎・くしゃみ・鼻水・鼻づまり」
気管の粘膜だと「せき・目のかゆみ」も粘膜が原因です。
慢性化しますと、ほこり、温度差、カビなどにも反応してしまいます。
抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などは、あくまでも一時しのぎのものであって過敏な粘膜を強くするものではありません。
最初は効いても段々効かなくなったり
薬を飲む期間が長くなります。
鼻炎・喘息・アレルギー性の咳・目のかゆみで、体質を根本的に治していくのは
粘膜を強くする、「通竅(つうきょう)」です
花粉が飛び始める前からお飲みいただきますと、効果的です。ぜひお試し下さい。


★最近の漢方は煎じだけでなく、錠剤や液体など飲みやすくなっていますので、お子様でも飲みやす、病院のお薬とも併用が可能です。



長く続く、せき・喘息・鼻炎でお困りの方!
お気軽にご相談下さい。

#漢方#漢方薬局#シェルクルール#CherCouleur#美容#紫外線対策#おすすめコスメ#アトピー#アトピー性皮膚炎#がん#子宝#不妊症#乾燥肌#敏感肌##ニキビ荒れ#ホルモンバランス#美肌#美容液#セラミド美容液#リスブラン#ダイエット#肩こり#夢三七#瓊玉膏#ポテト双葉薬店
関連する商品
Good発言ランキング
投稿数ランキング
リンク